Loose Life

旅とフットボール:a wondering footballer's loose life part3

ミネ月、(おそらくサッカー人生の)最後のコパ・ムンディアル

 

最近、毎週末、外でボール蹴る生活が始まりまして。
選手としてガチでやってるわけじゃないので、まあそんな道具には拘らないのですが。

メインスパイクとしていつ買ったんだ?というアディダス・プレデターの東南アジアモデル(多分日本では売ってない)を使っておりました。
軽く、重量バランスが良く、(スタッドは日本の土のグランドには合わないかな?)インフロント部のゴムが僕のキックにものすごく合って、ああもう死ぬまでこれでいいやというスパイクだったのですが。(サブは何故かヒュンメル。固めだけどそれはそれで感)

数年間、履かずに下駄箱に入れておいたら、靴底のゴムが両方とも加水分解か、スタッドがボロボロ欠けて行きまして。
まあスタッドの二、三本なくてもなんとかなるレベルなんですが。

まあ、折角なので買いました、コパ・ムンディアルを、2017年に。

コパ・ムンディアル

1982年にアディダスが発売したサッカースパイク。アホみたいなロングセラー。
このご時世に、ドイツ製。一時期コストダウンでインドネシア製にしたら、(品質悪く?)ユーザーから散々怒られてドイツ製に戻したというアレ。

FC東京、前田選手も愛用です。

前田遼一、コパ・ムンディアルを大いに語るVol.1「一番の魅力は、変わらないこと」 | King Gear [キングギア]

 

コパ17.1という新モデルが出て、いよいよ生産も終わり(と毎回言われている)と言われており、いよいよ最後かな?という雰囲気を察して買いました。

 

箱比較。

右の黒いのが今回買ったもの。左の青い箱は(前田選手のサイン入りで)永久保存用。

何が違うかというと、

青はアディダスオリジナル(所謂三つ葉)、黒はアディダスパフォーマンス。

ここは話には聞いていたのですが、実際に目にすると、時の流れを感じます。

左が青箱(26.5)、右が黒箱(27.5)。

1センチの差は大きいのか、手前のは間延びして見えますね。

26.5がジャストフィットなんですけど、いろいろ考えて少し余裕を持たせました。

(偏平足足幅広いマンなのです)

皮は同じカンガルー皮だと思うんですが、ちょっと表面の感じが変わってますね。

足裏。

まあ金型的には…なので、アディダス三つ葉ロゴは消えました。FIFA承認品の文字も。

樹脂も黄色っぽいのから白へ。

で、まあ多少の違いなんて平凡フットボーラーの僕には関係ないのでそんなにアレなんですが、何かこの辺りの仕上げが雑だなあ…と。

スパイクとしての能力には関わらないでしょうけども、耐久性とか大丈夫かしら。